2013年06月18日

カモメファン kam-lv1301d(wh) は、風を感じる扇風機なのです。

風を「浴びる」のではなくて、風を「感じる」扇風機が、カモメファン kam-lv1301d(wh) ですね。

風を「浴びる」のは、風呂上がりに扇風機を抱き込むようにすること。

風を「感じる」のは、例えば読書をしながら、どこかから柔らかな自然な風を体に受けること。

カモメファン kam-lv1301d(wh) が、そんな風を実現できたのは、羽根のちからです。

船舶用のプロペラメーカーが渡り鳥のカモメの羽を研究して作ったという。
今までにない全く新しい形状です。

カモメファン kam-lv1301d(wh) は、気流の乱れがない。
中心部の風は押さえて、外周部で心地良い風を生み出す構造。

だから、音も静かなんですね。
こちらの楽天ショップでご覧ください。
   ↓



posted by カモメファン kam-lv1301d(wh) at 22:12| Comment(0) | 羽根が違う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。